一般社団法人タグフィット
サービスプログラム規約書(kotoZna QR データベースアクセスサービス)

この規約(以下「本規約」といいます。)は、一般社団法人タグフィット(以下「当法人」とします。)が提供する kotoZna QR データベースアクセスサービス(以下、「当サービス」とします。)の利用に関する条件を、当法人とパートナー会員との間で定めるものです。
当規約は、タグフィット会員規約、及びサービス利用規約を締結し、当サービスプログラムへの申込みを行ったパートナー会員に対して適用されます。

(定義)
第1条 本規約に記載している内容と一般社団法人タグフィットサービス利用規約に記載している内容に異なる表記が存在する場合、本規約が優先されます。 2.本規約では、以下の用語を使用します。
(1)「kotoZna QR」とは、当法人が発行する QR コードです。当法人では、ホストが提供するオブジェクトに対して1意となるkotoZna QR を発行します。
(2)「ゲスト」とは、kotoZna QR を通じて、当法人の web ページにアクセス、またはパートナー会員の提供するスマートフォンアプリケーションを利用して当法人またはパートナー会員が管理する文章、画像、動画その他の情報を閲覧する利用者のことをいいます。
(3)「ホスト」とは、kotoZna QR に対応するオブジェクトの提供を行う者をいいます。
(4)「オブジェクト」とは、kotoZna QR を発行する対象となる画像です。画像に対応した kotoZna QR をゲストに提示することで、ゲストはコンテンツサービスを受けることができます。オブジェクトを登録するには、サポーター会員となり、当法人の提示するアプリケーション(コトつなカメラ)利用契約の締結が必要です。当法人のサポーター会員は、ホストに代わってオブジェクトを登録することができます。
(5)「コンテンツ」とは、「オブジェクト」に対して、特定言語をもって登録された文章です。特定言語は、現時点では日本語を想定しています。当法人では、コンテンツに対する特定言語の拡充に努めます。
(6)「コンテンツサービス」とは、ゲストが kotoZna QR を撮影することで当法人の提供するwebサイトに遷移し、コンテンツ及びコンテンツに関連するパートナー会員の付加サービス提供サイトへのリンクを表示することです。
(7)「本サービス」とは、当法人が会員向けに提供するすべての有償サービス、無償サービスのことを言います。当法人が提供するゲスト向けの kotoZna QR コードから遷移する kotoZna QR コンテンツ閲覧サービスは、会員向けサービスには含まれません。
(8)「サービスプログラム」とは、有償サービス、無償サービスの個別に分かれたサービスメニューの1つのことを言います。複数のサービスプログラムにより本サービスが構成されます。
(9)「サービスプログラム定義書」とは、個々のサービスごとに作成するサービスプログラムの利用料金、サービス内容などを記した文書のことを言います。それぞれのサービスプログラムに対して、サービスプログラム定義書(サービス名)を文書タイトルとします。
(10)「独自コンテンツ」とは、当法人が管理するコンテンツに対してパートナー会員が付与した独自のコンテンツを意味します。例えば、パートナー会員による翻訳されたコンテンツがあります。
(11)「付加サービス」とは、当法人のパートナー会員がサービスプログラムに則って提供する kotoZna QR を利用した独自サービスのことを言います。当法人のwebサイトを通じて、または、当法人の提供する kotoZna QR データベースアクセスサービスを通じてパートナー会員の付加サービスに連携することがあります。
(12)「アカウント」とは、当法人が提供するサービスを利用する場合に必要となる利用者、及びサービスごとの識別子(ID)となります。同一会員が複数の異なるサービスを利用する場合、サービスごとに別々のアカウントを発行することがあります。

(サービスの概要)
第2条 当法人が提供するベースとなるサービスは、kotoZna QR を発行し、ゲストに提供することで、ゲストが翻訳コンテンツをはじめとした各種サービスを利用できるようにすることを目的としています。
2.ゲストは、公開された kotoZna QR を一般的な QR コード読み取りスマホアプリケーション、またはパートナー会員の提供する付加サービスを通じて読み取り、必要とするサービスを利用します。
3.パートナー会員は、kotoZna QR に対応したサービスを提供します。サービスの例として、コンテンツから生成した翻訳テキストの提供があります。
4.当法人は、kotoZna QR データベースにアクセスするための kotoZna API をパートナー会員に提供します。
5.当サービスは、パートナー会員がサービス契約締結の上、利用することができます。サポーター会員は当サービスの利用はできません。

(アカウント)
第3条 パートナー会員は、当サービス利用にあたり、ユーザーIDの発行が必要となります。ユーザーIDの発行は、当法人の提供するwebサービス、またはweb/ポータルアプリケーションを通じて行われます。
2.ユーザーIDの発行には有効なメールアドレスが必要です。
3.ユーザーIDは、当法人がパートナー会員を個別に認識するために利用されます。当サービス利用者は、当サービス利用に特化したアクセスIDが別途発行されます。アクセスIDは、当サービスを利用するために必須となります。有効なアクセス ID を伴わずに、kotoZna QR データベースにアクセスした場合、エラーコードが送付されます。

(会員向けのサービス)
第4条 パートナー会員は、当法人が提供する kotoZna API を利用することができます。
2.パートナー会員は、kotoZna API を通して、kotoZna QR データベースにアクセスし、データを取得することができます。
3.パートナー会員は、kotoZna API を利用するために必要とされる技術情報に対して、API 利用案内書を通じて入手することができます。
4.API サービスを利用するための不明点について、当法人に確認することができます。
5.APIサービスの連携確認を行うための、検証環境を利用することができます。

(情報提供義務)
第5条 パートナー会員は、自己が取得したkotoZna QR の利用情報を当法人に提供する義務があります。なお、パートナー会員はかかる情報提供を行なうにあたって法令上一定の措置が必要な場合、かかる措置を予め講じるものとします。
2.kotoZna QR 利用情報は、kotoZna QR に対する利用者からのアクセス情報であり、スキャンされた kotoZna QRコード、言語、位置情報、日時、アプリケーション名となります。
3.利用情報の提供方法は、Excel で読み取り可能なデータ形式として、月末を締日とする月次データを翌月20日までにメールで送付するものとします。メール送付時において、必要十分な暗号化処置を行うものとします。

(個人情報保護)
第6条 当法人は、パートナー会員から提供された個人情報に対して、当法人の個人情報保護方針(プライバシーポリシー)に従って取り扱います。

(サービス利用料金)
第7条 当サービスを利用するには、月額100,000円の利用料が発生します。
2.利用料は、1月1日から6月30日、7月1日から12月31日の各半年間の利用料を一括して支払う必要があります。
3.利用料は、上記の各半年間が始まる前々月の末日までに支払う必要があります。
4.期限までに、当法人が入金を確認できなかった場合、当サービスの利用を停止することがあります。
4.第2項及び第3項の規定にかかわらず、本サービスを利用開始する際の利用料は、アクセス ID を申し込んだ日が含まれる月を基準として、3か月を超える利用料を一括して支払う必要があります。払い込み対象は、半期ごとの基準日をベースに整理します。例えば、1月1日から3月31日までに申し込んだ場合には、6月30日までの稼働月数分をまとめて支払う必要があります。4月1日から6月30日までに申し込んだ場合は、12月31日までの稼働月数分をまとめて支払う必要があります。
5.初回利用料の支払いが完了した後に、アクセスIDを書面で発行します。
6.2018年12月31日までは利用料を無償とします。2019年度1-6月分の利用料については、2018年11月末日が支払期限となります。

(データの提供)
第8条 当法人は、パートナー会員にサービス提供元データとしてオブジェクト、及びコンテンツの利用を許諾します。
2.パートナー会員は、付加サービスを提供するにあたり、当法人が提供したデータをパートナー会員固有の環境に保持することができます。
3.パートナー会員は、当法人が提供したコンテンツに対して、付加サービスを提供するために情報を付与することができます。例えば、付与する情報として、各種言語の翻訳データがあります。
4.当法人が提供したデータは、パートナー会員がサービスを停止した場合、及びパートナー会員としての資格を喪失した場合は、直ちに削除しなければなりません。サービス停止後又は会員資格停止後に、当法人が提供しているデータを保持していることが発覚した場合、不正データ使用に対する違約金を請求します。違約金は、120万円とします。

(会員独自サービスの確認)
第9条 当法人は、パートナー会員によるkotoZna QR を利用した付加サービスの内容が、当法人の目的に合致しているかどうか確認します。
2.パートナー会員が作成した独自サービスに含まれる内容や、当サービスの利用に伴う行為が次の各号に抵触する場合、当法人はパートナー会員に対して然るべき措置をとることがあります。措置の内容としては、サービスに含まれるテキストや画像などの改善作業を指示する、kotoZna API の利用を停止する、当法人の提供するゲスト向けの kotoZna QR コンテンツ閲覧サービス環境からパートナー会員の付加サービスへのリンクを停止することなどがあります。
(1)法令、裁判所の判決、決定もしくは命令、または法令上拘束力のある行政措置に違反する行為
(2)公の秩序または善良の風俗を害するおそれがある行為
(3)当法人または第三者の著作権、商標権、特許権等の知的財産権、名誉権、プライバシー権、その他法令上または契約上の権利を侵害する行為
(4)過度に暴力的な表現、露骨な性的表現、人種、国籍、信条、性別、社会的身分、門地等による差別につながる表現、自殺、自傷行為、薬物乱用を誘引または助長する表現、その他反社会的な内容を含み他人に不快感を与える表現を登録する行為
(5)当法人または第三者になりすます行為または意図的に虚偽の情報を流布させる行為
(6) 当法人が定める方法以外の方法で、コンテンツの利用権を、現金、財物その他の経済上の利益と交換する行為
(7)営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする行為(当法人の認めたものを除きます。)、性行為やわいせつな行為を目的とする行為、面識のない異性との出会いや交際を目的とする行為、他者に対する嫌がらせや誹謗中傷を目的とする行為、その他当サービスが予定している利用目的と異なる目的で当サービスを利用する行為
(8)反社会的勢力に対する利益供与その他の協力行為
(9)宗教活動または宗教団体への勧誘行為
(10)他人の個人情報、登録情報、利用履歴情報などを、不正に収集、開示または提供する行為
(11)当サービスのサーバやネットワークシステムに支障を与える行為、BOT、チートツール、その他の技術的手段を利用して当サービスを不正に操作する行為、当サービスの不具合を意図的に利用する行為、同様の質問を必要以上に繰り返す等、当法人に対し不当な問い合わせまたは要求をする行為、その他当法人による当サービスの運営または他のお客様による当サービスの利用を妨害し、これらに支障を与える行為。
(12)上記第1号から第11号のいずれかに該当する行為を援助または助長する行為
(13)その他、当法人が不適当と判断した行為

(サービス利用の申込)
第10条 当サービスは、当法人のパートナー会員による申込みにより利用可能となります。申込みは、当法人が提供するwebサイトまたは携帯ポータルサイトにて受け付けます。

(サービス利用の停止)
第11条 当サービスは、パートナー会員による当サービス利用停止の申し出により、利用を停止することができます。当サービスが利用停止された場合、kotoZna API の利用を停止し、当法人の提供するゲスト向けの kotoZna QR コンテンツ閲覧サービス環境からパートナー会員の付加サービスへのリンクを停止します。
2.サービス利用が停止された場合、当法人が提供したデータを個別に保持していた場合、そのデータをすべて削除する必要があります。パートナー会員が、当法人の会員資格を喪失した場合、サービスは即時利用停止となります。
3.本条第1項に限らず、下記事項に該当する場合、当法人が、当サービス利用を停止することができます。
(1)会員規約による会員退会処置がとられたとき
(2)本規約に違反したとき
(3)手形または小切手の不渡りが発生したとき
(4)差押え、仮差押え、仮処分その他の強制執行または滞納処分の申し立てを受けたとき
(5)破産、民事再生、会社更生、会社整理または特別清算の申し立てがされたとき
(6)前4号の他、会員の信用状態に重大な変化が生じたとき
(7)解散または営業停止状態となったとき
(8)当法人による連絡が取れなくなったとき
(9)販売方法、取扱商品、その他業務運営について行政当局による注意または勧告を受けたとき
(10) 販売方法、取扱商品、その他業務運営が公序良俗に反しまたは当法人の提供するサービスにふさわしくないと当法人が判断したとき
(11)登録された追加情報(例えば翻訳テキスト)の改善指示に従わず、放置したとき
(12)本項各号のいずれかに準ずる事由があると当法人が判断した場合
(13)その他当法人が会員との当サービス契約の継続が困難であると判断した場合
4.当法人は、上記項目のいかなる事由であっても、登録されたメールアドレスに通知することにより本契約を解約することができます。
5.会員が第2項第3号ないし第7号の事由のいずれかに該当した場合には、会員は、当法人からの通知催告等がなくても、当法人に対する一切の債務につき当然に期限の利益を失い、直ちに債務を弁済することとします。
6.会員が以下の事由のいずれかに該当した場合には、当法人からの請求によって、会員は、当法人に対する一切の債務につき期限の利益を失い、直ちに債務を弁済することとします。
(1)第2項第2号、第8号または第9号の事由に該当する場合
(2)第2項または第3項により本契約が終了した場合
(3)第3条に基づく管理情報、翻訳テキストなど、の改善措置を受けている場合で、かつ、速やかに当法人の指示に従った改善措置を行わずまたは行う見込みがない場合
(4)前各号のほか債権保全を必要とする相当の事由が生じた場合
6. 第2項または第5項により本契約が終了した場合でも、当法人は、会員に対し、設備投資、費用負担、逸失利益その他会員に生じた損害につき一切責任を負いません。

(サービス提供上の責任)
第12条 当法人は、以下の条件のもと、当サービスの利用環境を提供します。
2.当法人は、当サービス利用が停止する可能性がある場合、その事実を当法人のwebサイトで公開するものとします。
3.当法人は、当サービスの利用が予告なく停止するに至った場合、速やかに復旧の労をとることとし、停止の理由、復旧作業の内容について、webサイトで公開するものとします。
4.当法人は、予期したサービスの停止か否かにかかわらず、会員に対して一切の責務を負うものではありません。
5.当法人は、コンテンツ【データアクセスサービスで登録されたコンテンツとは何をさしていますでしょうか?単なる定義された「コンテンツ」のことでしょうか?】【2017年2月12日金村:確かに指摘の通り「コンテンツ」の定義(表現)で十分と考えます。】の保持に対して一切の責任を負いません。会員は、必要に応じて自己の努力によってコンテンツの複製などの処理を行うことができます。

(会員付加サービスに対する免責)
第13条 当法人は、パートナー会員が提供する付加サービスにおいて、kotoZna QR に起因するいかなる問題についても責任を負うものではありません。kotoZna QR に対しては、オブジェクト及びコンテンツの登録を行うサポーター会員、及びホストによる著作者人格権が保持されています。パートナー会員により kotoZna QR と合わせたオブジェクト、及びコンテンツを再利用することは担保されています。しかしながら、パートナー会員による付加サービスに対して、サポーター会員、またはホストからその利用内容に関してクレームが生じる可能性があります。当法人は、サポーター会員またはホストからのクレームに対して一切の責を負うものではありません。

(本規約の追加・変更)
第14条 当法人は、理事会の承認を得て本規約の内容を変更、追加または削除すること があります。
2.当法人の理事会の議決により変更された本規約は、当法人のWebサイト上に掲載された時点で効力を発するものとし、以後会員は、当該変更された本規約に拘束されるものとします。

【付則】
本規約は、平成29年1月5日より施行します。

以上

規約一覧へ戻る