一般社団法人タグフィット
サービスプログラム規約書(コトつなカメラ)

この規約(以下「本規約」といいます。)は、一般社団法人タグフィット(以下「当法人」とします。)が提供するコトつなカメラ(以下、「当サービス」とします。)の利用に関する条件を、当法人と会員との間で定めるものです。 当規約は、タグフィット会員規約、及びサービス利用規約を締結し、当サービスプログラムへの申込みを行ったサポーター会員に対して適用されます。パートナー会員が本サービスを利用する場合、別途サポーター会員登録が必要となります。

(定義)
第1条 本規約に記載している内容と一般社団法人タグフィットサービス利用規約に記載している内容に異なる表記が存在する場合、本規約が優先されます。
2.本規約では、以下の用語を使用します。
(1)「kotoZna QR」とは、当法人が発行する QR コードです。当法人では、ホストが提供するオブジェクトに対して1意となるkotoZna QR を発行します。
(2)「ゲスト」とは、kotoZna QR を通じて、当法人の web ページにアクセス、またはパートナー会員の提供するスマートフォンアプリケーションを利用して当法人またはパートナー会員が管理する文章、画像、動画その他の情報を閲覧する利用者のことをいいます。
(3)「ホスト」とは、kotoZna QR に対応するオブジェクトの提供を行う者をいいます。
(4)「オブジェクト」とは、kotoZna QR を発行する対象となる画像です。画像に対応した kotoZna QR をゲストに提示することで、ゲストはコンテンツサービスを受けることができます。オブジェクトを登録するには、サポーター会員となり、当法人の提示するアプリケーション(コトつなカメラ)利用契約の締結が必要です。当法人のサポーター会員は、ホストに代わってオブジェクトを登録することができます。
(5)「コンテンツ」とは、「オブジェクト」に対して、特定言語をもって登録された文章です。特定言語は、現時点では日本語を想定しています。当法人では、コンテンツに対する特定言語の拡充に努めます。
(6)「コンテンツサービス」とは、ゲストが kotoZna QR を撮影することで当法人の提供するwebサイトに遷移し、コンテンツ及びコンテンツに関連するパートナー会員の付加サービス提供サイトへのリンクを表示することです。
(7)「本サービス」とは、当法人が会員向けに提供するすべての有償サービス、無償サービスのことを言います。当法人が提供するゲスト向けの kotoZna QR コードから遷移する kotoZna QR コンテンツ閲覧サービスは、会員向けサービスには含まれません。
(8)「サービスプログラム」とは、有償サービス、無償サービスの個別に分かれたサービスメニューの1つのことを言います。複数のサービスプログラムにより本サービスが構成されます。
(9)「サービスプログラム定義書」とは、個々のサービスごとに作成するサービスプログラムの利用料金、サービス内容などを記した文書のことを言います。それぞれのサービスプログラムに対して、サービスプログラム定義書(サービス名)を文書タイトルとします。
(10)「独自コンテンツ」とは、当法人が管理するコンテンツに対してパートナー会員が付与した独自のコンテンツを意味します。例えば、パートナー会員による翻訳されたコンテンツがあります。
(11)「付加サービス」とは、当法人のパートナー会員がサービスプログラムに則って提供する kotoZna QR を利用した独自サービスのことを言います。当法人のwebサイトを通じて、または、当法人の提供する kotoZna QR データベースアクセスサービスを通じてパートナー会員の付加サービスに連携することがあります。
(12)「アカウント」とは、当法人が提供するサービスを利用する場合に必要となる利用者、及びサービスごとの識別子(ID)となります。同一会員が複数の異なるサービスを利用する場合、サービスごとに別々のアカウントを発行することがあります。

(サービスの概要)
第2条 当サービスは、ホストの保持するオブジェクトに対して kotoZna QR を発行し、その kotoZna QR をゲストに提供することで、ゲストが各種サービスを利用できるようにすることを目的としています。
2.サポーター会員が自身の責任において、当サービスを利用して撮影することで、オブジェクトが登録されます。オブジェクトに対してユニークな kotoZna QR を発行します。
3.サポーター会員が自身の責任において、当サービスを利用して、kotoZna QR に対してコンテンツを登録します。オブジェクトの提供元であるホストとサポーター会員は、ホストの保持するコンテンツに対してサポーター会員が登録作業を行うことに対して、あらかじめ合意していることが必要です。
4.ホストは、発行された kotoZna QR をオブジェクトに合わせて印刷などを行い、ゲストに対して kotoZna QR を公開します。
5.ゲストは、公開された kotoZna QR を一般的な QR コード読み取りスマホアプリケーション、またはパートナー会員の提供する付加サービスを通じて読み取り、コンテンツに対応した翻訳済テキストの閲覧などの必要とするサービスを受けます。

(アカウント)
第3条 サポーター会員は、当サービス利用にあたり、ユーザーIDの発行が必要となります。ユーザーIDの発行は、当サービスのアプリケーションを通じて行われます。
2.ユーザーIDの発行には有効なメールアドレスが必要です。
3.サポーター会員の登録は、ユーザーIDの登録と同時に完了します。
4.パートナー会員は、あらかじめサポーター会員としての登録後にユーザーIDの発行を行うことができます。

(会員向けのサービス)
第4条 サポーター会員は、当サービスを利用して、写真を撮影し、対象となるオブジェクトに一意となる kotoZna QR を受領することができます。
2.サポーター会員は、当サービスを利用して、オブジェクトに対してコンテンツを登録することができます。
3.サポーター会員は、当サービスを利用して、kotoZna QR の利用停止、コンテンツの編集、削除を行うことができます。
4.サポーター会員は、自身以外のホストのために kotoZna QR の発行、コンテンツの登録を行うことができます。この場合、コンテンツの発行元であるホストを明示する必要があります。
5.当法人は、登録されたコンテンツをパートナー会員の付加サービス向けに提供します。パートナー会員が提供する付加サービスの例として、ゲスト向けの翻訳済コンテンツ提供があります。

(サービス利用料金)
第5条 サポーター会員は、当サービス利用に伴う金銭支払いの義務は負いません。ただし、これによりサービス規約書に基づく違約金などの支払いおよび会員規約に基づく違約金などの支払いが減免されるものではありません。

(コンテンツの登録)
第6条 当法人は、コトつなカメラを通して登録されたオブジェクトに対して、画像から読み取ることができるテキスト情報をコンテンツとして登録します。当法人が行うコンテンツの登録作業は、ホストに対する支援作業に過ぎず、その作業の完全性または正確性を約束するものではありません。kotoZna QR 発行からコンテンツ登録までの期間は、当法人の作業管理に基づいて実施され、いかなる期日も約束するものではありません。サポーター会員は、オブジェクトに対するコンテンツ登録を行うことができます。コンテンツ登録には、サービスプログラム(コトつなカメラ)の登録が必要です。
2.当法人が登録したコンテンツが、サポーター会員またはホストの意図する内容に一致するかどうかを保証するものではありません。また、コンテンツの登録とゲストに対する開示にあたっては、サポーター会員による事前確認を必要としません。登録されたコンテンツが、サポーター会員またはホストの意図する内容と一致しない場合、当法人はコンテンツの改修を受け付けます。ただし、改修作業を実施する期限については特に定めるものではありません。即時改修が必要となる場合は、サポーター会員による編集作業にて対応することができます。
3.オブジェクトから読み取ることができるテキスト内容が当法人の利用目的に合致しない場合、コンテンツの登録を行わないことがあります。また、サポーター会員が登録したコンテンツが同様に当法人の利用目的に合致しない場合、コンテンツ、及びオブジェクトを削除することがあります。オブジェクトを削除した場合、すでに発行済みの kotoZna QR が利用できなくなります。
4.当法人がコンテンツ登録を行わない場合として以下の場合を想定します。
(1)オブジェクトから鮮明なテキスト情報を読み取ることができない場合
(2)正確な文脈を確認するための連絡に対して、サポーター会員からの回答がない場合
(3)オブジェクトの内容が、当法人の利用目的に即していない場合
5.当法人またはサポーター会員により登録されたコンテンツを削除する場合として、下記の場合を想定しています。
(1)法令、裁判所の判決、決定もしくは命令、または法令上拘束力のある行政措置に違反する場合
(2)公の秩序または善良の風俗を害するおそれがある場合
(3)当法人または第三者の著作権、商標権、特許権等の知的財産権、名誉権、プライバシー権、その他法令上または契約上の権利を侵害する場合
(4)過度に暴力的な表現、露骨な性的表現、人種、国籍、信条、性別、社会的身分、門地等による差別につながる表現、自殺、自傷行為、薬物乱用を誘引または助長する表現、その他反社会的な内容または他人に不快感を与える表現を含む場合
(5)当法人または第三者になりすます行為または意図的に虚偽の情報を流布させる可能性のある内容である場合
(7)営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする内容(当法人の認めたものを除きます。)、性行為やわいせつな行為を目的とする内容、面識のない異性との出会いや交際を目的とする内容、他者に対する嫌がらせや誹謗中傷を目的とする内容、その他当サービスが予定している利用目的と異なる目的で当サービスを利用する内容である場合
(8)反社会的勢力に対する利益供与その他の協力行為に相当する場合
(9)宗教活動または宗教団体への勧誘行為に相当する場合
(10)他人の個人情報、登録情報、利用履歴情報などを、不正に収集、開示または提供する場合
(11)ホストからオブジェクト、コンテンツの削除依頼を受け、その理由を当法人が正当と判断する場合
(12)上記第1項から第11項のいずれかに該当する行為を援助または助長する場合
(13)その他、当法人が不適当と判断した場合

(コンテンツの代行登録)
第7条 サポーター会員は、ホストが保有する情報に対して、コトつなカメラを通じたオブジェクト登録を代行することができます。また、登録されたオブジェクトに対してテキストを当法人に代わり登録することができます。
2.サポーター会員が登録したオブジェクト、及びコンテンツに対して当法人は一切の責任を負いません。サポーター会員とホストの間におけるいかなる問題に対しても、当法人は一切の責を負いません。
3.サポーター会員とホストの間に問題が発生した場合、ホストからの依頼に基づいてオブジェクトまたはコンテンツを削除することがあります。
4.サポーター会員が代行登録したオブジェクトまたはコンテンツにおいても当法人が、第6条第5号の各項に相当する場合、オブジェクトまたはコンテンツを削除することがあります。
5.登録済のオブジェクトまたはコンテンツを削除することにより発生したいかなる不利益について当法人は一切の責を負いません。

(登録されたコンテンツ)
第8条 当サービスによって登録されたコンテンツは、原則として登録したサポーター会員に所属します。サポーター会員が、自身以外のホストのコンテンツを登録する場合、そのコンテンツの著作権の帰属は、サポーター会員がホストとの間で取り決めるものとします。
2.登録されたコンテンツは、当法人における利用またはパートナー会員による再利用が可能なものとします。登録されたコンテンツを利用する場合に、コンテンツの一部を抜き出して利用することがあります。
3.当サービスによって登録されたコンテンツの内容や、当サービスの利用に伴う行為が次の各号に抵触する場合、当法人はコンテンツの改善作業を指示し、またはコンテンツの公開を停止することがあります。
(1)法令、裁判所の判決、決定もしくは命令、または法令上拘束力のある行政措置に違反する行為
(2)公の秩序または善良の風俗を害するおそれがある行為
(3)当法人または第三者の著作権、商標権、特許権等の知的財産権、名誉権、プライバシー権、その他法令上または契約上の権利を侵害する行為
(4)過度に暴力的な表現、露骨な性的表現、人種、国籍、信条、性別、社会的身分、門地等による差別につながる表現、自殺、自傷行為、薬物乱用を誘引または助長する表現、その他反社会的な内容または他人に不快感を与える表現を登録する行為
(5)当法人または第三者になりすます行為または意図的に虚偽の情報を流布させる行為
(6) 当法人が定める方法以外の方法で、コンテンツの利用権を、現金、財物その他の経済上の利益と交換する行為
(7)営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする行為(当法人の認めたものを除きます。)、性行為やわいせつな行為を目的とする行為、面識のない異性との出会いや交際を目的とする行為、他者に対する嫌がらせや誹謗中傷を目的とする行為、その他当サービスが予定している利用目的と異なる目的で当サービスを利用する行為
(8)反社会的勢力に対する利益供与その他の協力行為
(9)宗教活動または宗教団体への勧誘行為
(10)他人の個人情報、登録情報、利用履歴情報などを、不正に収集、開示または提供する行為
(11)当サービスのサーバやネットワークシステムに支障を与える行為、BOT、チートツール、その他の技術的手段を利用して当サービスを不正に操作する行為、当サービスの不具合を意図的に利用する行為、同様の質問を必要以上に繰り返す等、当法人に対し不当な問い合わせまたは要求をする行為、その他当法人による当サービスの運営または他のお客様による当サービスの利用を妨害し、これらに支障を与える行為。
(12)上記第1項から第11項のいずれかに該当する行為を援助または助長する行為
(13)その他、当法人が不適当と判断した行為

(サービス利用の申込)
第9条 当サービスは、当法人のサポーター会員による申込みにより利用可能となります。申込みは、当法人が提供するwebサイトまたは携帯ポータルサイトにて受け付けます。

(サービス利用の停止)
第10条 当サービスは、サポーター会員による当サービス利用停止の申し出により、利用を停止することができます。当サービスが利用停止された場合、サポーター会員の発行した kotoZna QR、及び kotoZna QR に紐づくすべてのコンテンツの利用が停止されます。当法人は、当サービスで利用が停止されたコンテンツに対して保存する責任は負いません。
2.下記事項に該当する場合、当法人は、当サービス利用を停止することができます。
(1)会員規約による会員退会処置がとられたとき
(2)本規約に違反したとき
(3)手形または小切手の不渡りが発生したとき
(4)差押え、仮差押え、仮処分その他の強制執行または滞納処分の申し立てを受けたとき
(5)破産、民事再生、会社更生または特別清算の申し立てがされたとき
(6)前3号の他、会員の信用状態に重大な変化が生じたとき
(7)解散または営業停止状態となったとき
(8)当法人による連絡が取れなくなったとき
(9)販売方法、取扱商品、その他業務運営について行政当局による注意または勧告を受けたとき
(10) 販売方法、取扱商品、その他業務運営が公序良俗に反しまたは当法人の提供するサービスにふさわしくないと当法人が判断したとき
(11)登録されたコンテンツの改善指示に従わず、放置したとき
(12)本項各号のいずれかに準ずる事由があると当法人が判断した場合
(13)その他当法人が会員との当サービス契約の継続が困難であると判断した場合
3.当法人は、上記項目のいかなる事由であっても、登録されたメールアドレスに通知することにより本契約を解約することができます。
4.会員が第2項第3号ないし第7号の事由のいずれかに該当した場合には、会員は、当法人からの通知催告等がなくても、当法人に対する一切の債務につき当然に期限の利益を失い、直ちに債務を弁済することとします。
5.会員が以下の事由のいずれかに該当した場合には、当法人からの請求によって、会員は、当法人に対する一切の債務につき期限の利益を失い、直ちに債務を弁済することとします。
(1)第2項第2号、第8号または第9号の事由に該当する場合
(2)第2項または第3項により本契約が終了した場合
(3)第2項に基づくコンテンツ改善措置を受けている場合で、かつ、速やかに当法人の指示に従った改善措置を行わずまたは行う見込みがない場合
(4)前各号のほか債権保全を必要とする相当の事由が生じた場合
6. 第2項または第5項により本契約が終了した場合でも、当法人は、会員に対し、設備投資、費用負担、逸失利益その他会員に生じた損害につき一切責任を負いません。

(サービス提供上の責任)
第11条 当法人は、以下の条件のもと、当サービスの利用環境を提供します。
2.当法人は、当サービス利用が停止する可能性がある場合、その事実を当法人のwebサイトで公開するものとします。
3.当法人は、当サービスの利用が予告なく停止するに至った場合、速やかに復旧の労をとることとし、停止の理由、復旧作業の内容について、webサイトで公開するものとします。
4.当法人は、予期したサービスの停止か否かにかかわらず、サポーター会員、及びホストに対して一切の責務を負うものではありません。
5.当法人は、当サービスで登録されたコンテンツの保持に対して一切の責任を負いません。サポーター会員は、必要に応じて自己の努力によってコンテンツの複製などの処理を行うことができます。

(本規約の追加・変更)
第12条 当法人は、理事会の承認を得て本規約の内容を変更、追加または削除すること があります。
2.当法人の理事会の議決により変更された本規約は、当法人のWebサイト上に掲載された時点で効力を発するものとし、以後会員は、当該変更された本規約に拘束されるものとします。

【付則】
本規約は、平成29年1月5日より施行します。

以上

規約一覧へ戻る